我孫子市
蜂駆除施工事例

【我孫子市弁天下】コガタスズメバチ駆除

【我孫子市弁天下】コガタスズメバチ
蜂の種類 コガタスズメバチ
施工内容 コガタスズメバチの巣駆除
施工箇所 屋根の下
対応エリア 我孫子市弁天下

蜂の巣を見つけた時に、自分で駆除しようと思う方がいるかもしれません。とても小さな巣の場合は、あるいは一般の方でも駆除できるかもしれません。しかしある程度の大きさになった蜂の巣には、思っている以上の蜂が暮らしています。むやみに手を出してしまい、蜂を怒らせて、危険な状態にしまわないようにしましょう。また、もし蜂の駆除を途中で中断して、困ったことになった場合は、ぜひ私たち我孫子市都部新田の『蜂の巣駆除センター』にご相談ください。先日は、自分でスズメバチの巣を駆除しようとして、失敗してしまったお客様から、お電話をいただきました。「スズメバチが家の周囲を飛び回っていて怖い」という悲鳴のような声のお電話でした。すぐにお伺いしますとお約束、30分で、我孫子市都部新田のお客様のご自宅に到着しました。家の前に立った時、スズメバチが上空を飛んでいるのが見え、これは大変なことだと感じました。お客様に詳しくお話を聞いてみると、軒下にスズメバチの巣があるのを見つけ、ホームセンターに行き、殺虫剤を購入して帰ってきたそうです。そして殺虫剤を蜂の巣に向けて噴射してみたところ、蜂が興奮して、次々と軒下の巣から飛び出してきて怖くなったということです。そして、部屋の中に入り、私たちにお電話をくださったということでした。蜂の駆除は、中途半端に行うのが最も危険です。もし蜂の巣の駆除を行う時は、最後までやりきる覚悟必要です。しかし、お客様の軒下にできたスズメバチの巣は直径30cm程度ありました。一般の方が手に負える大きさではなかったと感じました。ひとまず、スズメバチが落ち着くまで家の中でじっとしてもらうようお願いしました。そして夕刻になり、スズメバチが軒下の巣に戻ってきた段階で、蜂の巣の駆除作業を始めることにしました。すでに興奮気味のスズメバチを刺激しないよう、白い防護服を着て、ゆっくりとスズメバチの巣に近づいていきます。軒下のため、高さ3mほどの位置に巣があるため、脚立を上って、巣に近づいていきます。スズメバチの巣の出入り口を布でふさぎ、先ほどのようにスズメバチが自由に外に出られないようにしました。さらに外皮に小さな穴を開けます。この穴に駆除スプレーのノズルを突っ込むことで、厚い外皮の奥にある、蜂の巣の本体に殺虫剤の成分をいきわたらせることができます。スプレーを噴射して、しばらく待ちました。巣の中が静かになり、蜂が全滅した頃合いに、蜂の巣を軒下から外していきます。ビニール袋の中に入れ封をしました。こうして、無事に軒下にできたスズメバチの巣を駆除することができました。我孫子市都部新田のみなさま、プロの駆除業者は、このように段取りを踏んで駆除を行っております。もし、自宅の庭や軒下などにスズメバチが巣を作った時は、我孫子市都部新田の『蜂の巣駆除センター』にご相談ください。万が一駆除に失敗した場合もご連絡いただきたいと思います。

関連施工事例

関連施工事例はまだありません。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー