太田市
蜂駆除施工事例

【太田市尾島】アシナガバチ駆除

【太田市尾島】アシナガバチ
蜂の種類 アシナガバチ
施工内容 アシナガバチの巣駆除
施工箇所 換気口
対応エリア 太田市尾島

先日、太田市尾島内在住のお客様から、スズメバチに刺されそうになったので、様子を見に来てくださいというご依頼をいただきました。ご家族の中には高齢の方がいらっしゃるということで、電話を聞いた後、太田市尾島内のお客様のご自宅へ直行しました。お客様のご自宅の周囲を調査していると、軒下にスズメバチの巣があることが分かりました。大きさは直径20cm程度と、スズメバチの巣としてはそれほど大きくありません。お客様にお写真をお見せすると、「このスズメバチの巣は、これ以上大きくなるのでしょうか?」というご質問を受けました。基本的にスズメバチは春から秋にかけて巣を大きくしていきます。そのため、巣を発見した時が春なら、もっと成長すると言えますし、秋の場合はもう大きくならにと言えるでしょう。今回の太田市尾島のお客様の巣を発見した時期が初夏でしたので、「さらに大きくなるかもしれない」という予想が立てられます。ちなみにスズメバチの巣は、越冬をした一匹の女王バチが、一から巣を作り始めます。そのため、初めは小さな巣を作り、卵を産み、幼虫を育て、餌を取りに行くという忙しい時期を過ごします。働き蜂が成長すると、巣作りや子育ては働き蜂に任せて、女王バチは卵を産むことに専念することになるのです。そのため、働き蜂が成長してからの巣の成長は、著しいものがあります。このようなスズメバチの巣のサイクルを頭に入れておくことで、このようなご質問の答えを導き出す助けになります。「そうですか。それではぜひ、今のうちに駆除をお願いします」とお客様はおっしゃってくださいました。そこで、軒下にできたスズメバチの巣を駆除することになりました。「できる限り早く」というご希望でしたので、当日の駆除を行うことにしました。小さいとはいえ、働き蜂が巣作りに参加を始めた成長期の蜂の巣です。慎重に作業を進めなければ、大変なことになりかねません。防護服に着替えて、安全な状態を確認してから、軒下のスズメバチの巣の駆除に取り掛かりました。巣の下側に、蜂の出入り口があったので、そこに脱脂綿をぎゅうぎゅうに詰めて栓をしました。さらに外皮に穴を開けていきます。スズメバチの巣は外皮に覆われていて、その厚みもなかなかのものです。穴を開けてから殺虫剤を噴霧しなければ効果が半減してしまいます。穴に殺虫剤のノズルを入れて、中に殺虫剤を噴射していきました。巣の中に殺虫剤が浸透していくと、巣の中の羽音が聞こえなくなります。軒下からスズメバチの巣を外し、ビニール袋の中に入れます。今回は丸い形のきれいなスズメバチの巣のまま、ビニール袋の中に入れることができました。スズメバチが太田市尾島のみなさまのご自宅付近に現れた時は、ぜひ躊躇せずに『蜂の巣駆除センター』にご相談ください。今回の案件のように、その日のうちにお客様のご自宅へはせ参じて、ただちに蜂の巣を駆除したします。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー