相模原市
蜂駆除施工事例

【相模原市中央区】アシナガバチ駆除

【相模原市中央区】アシナガバチ
蜂の種類 アシナガバチ
施工内容 アシナガバチの巣駆除
施工箇所 ブロック塀
対応エリア 相模原市中央区

相模原市中央区のお客様から、軒下にできたスズメバチの巣の駆除依頼です。お客様からお電話をいただいたときには、ボール状の大きな巣が軒下にできているということしかわかりませんでした。スズメバチだと判明したのは、相模原市中央区のお客様宅を訪れてからです。詳しく調べるために相模原市中央区のお客様宅を訪れて、蜂や巣を観察してオレンジ色がやや目立つこと、体長が20mmほどであること、巣が球状をしていることなどから、スズメバチだと判断できました。相模原市中央区のお客様宅で蜂の巣を作られてしまったのは、今回が初めてなのだそうです。何度か同じ場所に作られてしまうケースがありますが、今回は初めて作られたケースです。初めて巣が出来てしまった場合、経験がないのでどう対処してらいいのか困ってしまうと思います。自分で駆除ができそうだけれど、万が一刺されたときのことを考えると危険だ、しかし専門業者に依頼をするのは大げさな気がする、そのように思う方もいることでしょう。お客様は自分で駆除をするのは危険だろうと判断されて、蜂の巣駆除センターに問い合わせをしてくださったようです。スズメバチは攻撃性が高く、特に夏から秋にかけては繁殖期になるので、神経質でより攻撃的になります。そのため、駆除は自身でなさらないようにお願いします。作業の前には、見積もりと作業内容をお客様に確認していただきます。納得していただいたら作業を開始します。スタッフは厚手の防護服を着用します。この防護服は白または銀色です。蜂は黒いものに反応する性質があるので、巣を見つけたら黒い色の服を着用は避けることをおすすめします。近づいただけで刺されてしまう危険性があるからです。駆除にはピレスロイド系の薬剤を使用しました。巣に向かってスプレーをします。スズメバチの巣は出入り口が一か所で、巣穴から殺虫剤を噴霧すると巣内部全体に殺虫剤が行きわたります。巣の周辺を飛んでいる蜂が数匹いたので、これらにも薬剤をかけます。しばらくすると蜂の姿が減ったので、巣の除去に移ります。捕獲網で巣をひっかけるようにして、網にキャッチをします。ポールを伸ばせて軒下の高い場所にまで届くものなど、蜂の巣駆除のための専門の道具をそろえています。キャッチした巣をゴミ袋に入れて、巣に万遍なく薬剤を吹きかけます。これは巣内部に生き残っている蜂や幼虫がいる可能性があるからです。念には念を入れて作業をします。万が一にも袋が破けることがあるといけないので、ゴミ袋は二重にします。お客様は蜂の巣を作られたことが初めてのようですが、同じ場所に巣を作られてしまうことを防ぐために、蜂が嫌がる薬剤を投与しておきました。これで戻り蜂対策ができるし、再度蜂の巣ができることの予防になります。戻り蜂は数日姿を見せることがあるので、見つけても近づかないように注意が必要です。周囲が安全だと判断できたので、これで作業は終了です。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー