さいたま市
蜂駆除施工事例

【さいたま市南区】スズメバチ駆除

【さいたま市南区】スズメバチ
蜂の種類 スズメバチ
施工内容 スズメバチの巣駆除
施工箇所 天井裏
対応エリア さいたま市南区

今回お問い合わせをいただいたのは、さいたま市南区の神社の神主さんからです。住宅と神社が併設しているさいたま市南区の木造建築に、数十年間お住まいですが神社のほうは、これまでハチの巣ができた事は1度もなかったのですが、住宅側には定期的にいろいろな種類のハチやってきて、巣を作ることがあったそうです。ミツバチであれば基本的には放置をしておいたそうですが、アシナガバチがスズメバチの場合は基本的にさいたま市南区の蜂の巣駆除センターに依頼をして苦情をしてもらっていたとのこと。今回も8の種類はわからないがおそらくミツバチではないだろうと言うことでご連絡をいただいた次第です。実際には高さ3メートル程度の裏口の軒下に蜂の巣ができていると言うことで現場を拝見しました。まず、周囲を飛び交っているのはスズメバチであることは間違いありません。当たり前のことながら、裏口のスズメバチの巣にはかなりの出入りがあります。これから活動が活発になる時期と言うこともありまだまだこれから大きくなることが想定されるので早急に駆除をしましょうとお客様には提案を行いました。幸いなことに檀家さんが出入り口として使っている場所でもなく、ご家族も用がなければ使わずに済みますので、できるだけ早く処理が終わった方が良いだろうと考え昼間に駆除をすることにしました。もちろん昼間に苦情をすると出かけているスズメバチが夕方以降に戻ってくることもありますので、粘着シートをあたりに数枚設置して、対応を行うことにしました。そして粘着シートの回収と戻り蜂の可能性を考えて、翌日に改めて訪問すると言うスケジュールです。そして実際のスズメバチの巣の駆除作業に入ります。はしごで蜂の巣がある軒下に立てかけることができます。かなり大きいことも想定済みだったのでスプレイは2本、持ち合わせていました。スプレー式の殺虫剤をスズメバチの巣の出入り口から数分間継続して吹き付けます。最初はかなりスズメバチが威嚇するためのカチカチと言う羽音が聞こえていましたが少しずつその音がなくなります。同時に周囲を飛び交うスズメバチに対しては粘着シートで捕獲を図ると言う並行作戦です。10分程度この作業を行うと、スズメバチの巣の周囲は静かになりますので実際の巣の撤去に移ることとなります。机の柱に相当強く設置されていることもあり、ヘラを使って念入りに引き剥がす必要がありました。引き剥がした後はゴミ袋に収容すること、さらには柱もきれいに清掃します。床面も同じくです。そしてスズメバチの巣があったところに予定通り粘着シートを貼付けることとし、翌日まで待つこととしました。翌日の午前中に、現場を訪問しチェックしたところ、やはりかなりの数のスズメバチが粘着シートに捕獲されています。数にして30匹程度でしょうか。後は念のため木酢液を入れた袋をぶら下げて、戻り蜂の対策を行い、さいたま市南区の現場を終了することとしました。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー