宇都宮市
蜂駆除施工事例

【宇都宮市住宅団地】ミツバチ駆除

【宇都宮市宝木】ミツバチ
蜂の種類 ミツバチ
施工内容 ミツバチの巣駆除
施工箇所 室外機
対応エリア 宇都宮市宝木

宇都宮市住宅団地内のみなさまに「スズメバチが家に巣を作ってしまったとき、どのようにして被害に遭わないよう対処できますか?」というご質問をされることがあります。その一つのお答えとして、「強い香りのするものを身につけない」という答えがあります。蜂は敵に襲われたときなどに、体内からフェロモンを出して、味方に知らせることがあります。このフェロモンは警鐘フェロモンなどと呼ばれています。強い香りがするものを身につけていると、警鐘フェロモンが発動されたとスズメバチが勘違いすることがあります。結果、人が刺されてしまうということが起こるというわけです。強い香りがするものとして「香水」があります。自宅でスズメバチの姿を見かけることが多くなったら、できるだけ香水を使うのをやめてほしいと思います。また「柔軟剤を使った服」も強い香りを発することがあります。柔軟剤を使って選択をする時は、無香料のものを使用することをおすすめします。先日、宇都宮市住宅団地内のお客様から、「自宅でスズメバチの姿をよく見かける」というご相談をいただいたときも、上記のようなことをお話し、蜂に刺されないようにしていただきました。そのうえで、宇都宮市住宅団地内のお客様のご自宅へ向かいました。お客様とご挨拶すると「私も家族のものも普段は香水を付けるのですが、今はやめています」とおっしゃいました。安全を確保するため大切だと思いました。ご自宅の調査を始め、庭の木々の隙間、母屋の室外機などを見ながら、ぐるりと敷地内を巡っていると、裏庭に面した軒下に、スズメバチの巣がありました。30cmほどの大きさのスズメバチで、巣の表面に何匹かの働き蜂が止まっているのが見えました。お客様にお話すると「裏庭にはほとんど行かないので」とおっしゃいました。「今となっては、行かなくてよかったのかもしれません」ともお話しいただけました。人が来ない場所は蜂の巣ができても発見しにくいものです。大きくなってから発見し、驚く方も少なくありません。お見積もりについてお話をすると、「納得の料金です。ぜひ駆除をお願いします」とおっしゃってくださいました。気合を入れて、軒下にできたスズメバチの駆除へと向かいます。小枝などを踏んで、大きな音を出してスズメバチを興奮させないよう、足元にも気をつけながら裏庭の軒下へ近づいて行きました。外皮に覆われたスズメバチの巣には、必ず出入り口に使っている穴があります。その穴を見極めることが大切です。見極めたらその穴に布や脱脂綿を固めたものを突っ込みます。今回は布を突っ込み、スズメバチを巣の中に封じ込めました。さらに外皮に小さな穴を開けて、そこに駆除スプレーのノズルを差し込みました。後は一気に殺虫剤を噴射するだけです。数分後、軒下から蜂の巣を外し、袋の中に詰めました。こうして今回の駆除作業は完了です。宇都宮市住宅団地のみなさま、スズメバチを見かけたら私たちにご連絡ください。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー