大田区
蜂駆除施工事例

【大田区本羽田】スズメバチ駆除

【大田区本羽田】スズメバチ
蜂の種類 スズメバチ
施工内容 スズメバチの巣駆除
施工箇所 換気口
対応エリア 大田区本羽田

人間の想像がつかない場所に、あっという間に巣をつくるのがスズメバチです。気づいたときには手遅れとなっているくらい、巨大なハチの巣になっていることもあります。先日もスズメバチの駆除のために、大田区本羽田まで出かけてきました。ご依頼主は80代男性のお客様です。くわしく伺ったところ、床下の換気口に大きな巣があるとのこと。放っておこうかと思ったものの、娘さんたちに説得されて駆除することに決めたそうです。
お電話があった当日、お客様宅に伺いました。時刻は13時すぎ。近所にお住まいの娘さんと、ご依頼主のお客様がお待ちでした。外から通気口を見させてもらったところ、通風口をふさぐほどの巨大な巣ができていました。茶色と白のしましま模様の巣をしています。数十匹のスズメバチが、ブンブンと飛び回っています。採寸すると、なんと約48cmのスズメバチの巣になっていました。これだけの大きさの巣になると、いつ人を襲ってもおかしくありません。カメラで内部の様子を撮影し、ご家族の方に説明をおこないました。
防御服をかぶり、作業を始めます。頭のてっぺんを刺される恐れもあるので、タオルを巻きヘルメットをあてがいました。通気口から奥にのびるように巣ができていたので、ダクト内に行き渡るように殺虫剤を撒きました。1本では効かず、2本目の殺虫剤も使用。しぶといハチも残っていたので、3本目の缶を開けて駆除にのぞみました。ダクト内をブンブンと飛んでいた蜂がいなくなった隙をみて、巣の撤去をおこないました。バラバラに砕け散ったカケラからは、うじ虫のような幼虫の死がいもありました。ふたたび巣が作られてしまわないように、出入口にネットを貼り薬剤をぬっておきました。作業にかかった時間は、およそ50分でした。
付近の清掃をおこない、現場のチェックをお客様にお願いしました。「ありがとうございます。父のことがすごく心配だったので、肩の荷がおりました」娘さんも安堵されていました。スズメバチは器用な生き物です。屋根裏によじ登ることもあれば、床下に潜り込んで土の中やダクト内に巣を作ることもあります。働きバチの数は千匹以上になることもあるため、大きな巣になればなるほど被害は大きくなります。天敵のクマと勘違いして、強烈なアゴで襲い掛かってくることも多いです。もしご自宅やご近所にスズメバチの巣ができていたら、無理やり取ろうとせず、まずは弊社にお電話をください。年中無休で駆除に駆け付けます。ベストな方法で撤去しますので、どうぞご安心ください。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア ご依頼の流れ
蜂駆除屋のお悩み豆知識お役立ちコラム一覧を見る
モンスズメバチとは?夜にも活動的な生態や巣の特徴と危険性・対処法を解説
セイヨウミツバチに危険性はないって本当?生態や巣の特徴にくわえ駆除方法を解説
クロスズメバチは巣から駆除すべき!見つけ方や刺された際の対処法
ジガバチの巣を放置するリスクは?法的責任や正しい退治方法を解説
蜂の寿命とは?スズメバチなど種類別の蜂の一生や早急に駆除すべき理由
エアコン室外機の蜂の巣を駆除するポイントや手順とは?駆除後の対策も解説
蜂が怖い!寄ってくる6つの原因や蜂に好かれる家とは?正しい対処法も解説
戻りバチの寿命や対策とは?蜂の巣駆除の注意点や流れも解説
ミツバチの特徴や巣の正しい駆除方法を分かりやすく解説
クマバチとは?その生態や巣の駆除方法・注意点を解説
ドロバチの生態や危険性・巣の駆除方法・注意点を紹介
「カメバチ」「アカバチ」とは?蜂の名前の地方ごとの方言
アシナガバチは危険性大!その生態や巣の駆除方法・注意点を解説
キイロスズメバチとは?巣の見分け方や駆除方法を詳しく紹介
蜂よけに木酢液が効果あり!活用方法や使用時の注意点とは?
危険なツマアカスズメバチとは?その生態や駆除方法を徹底解説
オオスズメバチとどう付き合えばいいのか
もしもハチに刺されてしまったら
超危険なスズメバチを安全に駆除する方法3つのポイント
狩り蜂、ハナ蜂、寄生蜂って?
カギのトラブルすぐに解決カギの緊急隊 ガラスのトラブルすぐに解決ガラスの緊急隊 お近くのトイレつまり修理センター お近くのバッテリー上がり緊急隊
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー