狩り蜂、ハナ蜂、寄生蜂って?

蜂の巣の種類ハチの見分け方

食性による分け方

ハチは大きく分けて、「狩りバチ」と{ハナバチ}に分けられます。これは、食性の違いによって分けたものとなります。それぞれのハチには役割があり、幼虫を育てる際、動物質の食べ物を与える役割のハチと花粉など植物質の食べ物を与えるハチとなります。

これらをより細かく分類すると以下のようになります。
●キバチ・ハバチ:植物の茎や葉を食べる
●ハナバチ   :花の蜜や花粉を食べる
●狩りバチ   :昆虫を獲物にする
●寄生バチ   :昆虫に卵を産み付ける

ただし、分類上でハナバチとなるアナバチやハエトリバチなどの場合、肉食性のハチもいます。反対に狩りバチとなるスズメバチなどにも、樹液など植物性の食べ物を食べるハチなどもいて、必ずしもすべての分類に一致するとは限りません。

コガタスズメバチ

北・本・四・九州地方まで生息するコガタスズメバチ。大きさは22~30㎜となります。特徴は、胸が黒色になっている点。そして、前胸背に黄色帯。第1腹節前縁部が赤褐色となります。街中でも生息し、昆虫を狩るコガタスズメバチ。巣の場所は木の枝や民家の軒下で、巣ができたばかりの頃は、丸底フラスコを逆さにしたような巣の形が特徴です。

オオスズメバチ

北・本・四・九州地方まで生息するオオスズメバチ。大きさは27㎜~45㎜となります。特徴は、胸が黒色で前胸背には黄色帯。そして、後胸背などに黄色斑。胸は黄橙色となり、各節に黒色帯があります。基本的には、単独で昆虫などの狩りを行うオオスズメバチですが、秋ごろ、数が増えると集団でミツバチなどを襲う事もあります。巣は主に地中などとなっていますが、最近では、建物に侵入し巣を作る事も増えてきているようです。

ヒメスズメバチ

本・四・九州地方にかけ生息するヒメスズメバチ。北海道のみ生息していません。大きさは24㎜~37㎜となります。第1と第2腹節の前縁は通常赤色が強く、小楯板には赤褐色の斑があります。その他、識別点として腹端が黒くなっている点となります。性質はおとなしいものの、オオスズメバチの次に大きなハチで、アシナガバチ類の巣を襲い、幼虫やサナギを幼虫のエサにします。巣は閉鎖空間を好み、樹洞のほか屋根裏などにも作る事が多くなっています。

キイロスズメバチ

本・四・九州地方にかけ生息するキイロスズメバチ。北海道のみ生息していません。大きさは17~28㎜となります。
北海道のケブカスズメバチの亜種とされるキイロスズメバチ。単眼周辺が黒色。前胸背と小楯板・後胸背には黄橙色の班紋があります。また、第2~第5腹節には、両側に淡褐色の小さな斑があります。巣ははじめ、閉鎖的な空間に作り、その場所が狭くなると民家の軒下などに移動し、より大きな巣を短期間で作り上げます。ハエやクモ、ミツバチなどを狩りエサにするほか、甘いものも好み、樹液やジュースの飲み残しなども好むハチとなります。

モンスズメバチ

北・本・四・九州地方まで生息するモンスズメバチ。大きさは21㎜~30㎜となります。
単眼は黒色部。胸も黒色で前胸背と第1腹節の前縁部は赤褐色となっています。また、腹節の黄色帯が波型模様になっている点が大きな特徴となります。セミをはじめ、様々な昆虫を狩るモンスズメバチ。樹液も好物です。巣は閉鎖的な屋根裏などを好み、時には巣を引越しする場合もあります。また、活動時間としては夜間でも活動することもあります。

チャイロスズメバチ

北海道と本州のみ生息するチャイロスズメバチ。大きさは17㎜~30㎜となります。
赤褐色から褐色となる頭・前胸背と小楯板。中胸背は淡い褐色班が特徴です。腹は黒く単眼の下面に黒色の部分があります。
巣は自分で作らず、キイロスズメバチなどの巣を乗っとるチャイロスズメバチ。女王バチなどは殺すものの、働きバチはそのまま使い続け、自分たちの働きバチが育つと全て自分たちだけでの生活へと変化させます。

クロスズメバチ

北・本・四・九州地方まで生息するクロスズメバチ。大きさは10㎜~15㎜となります。
全体的には黒色で、頭部・複眼の内側・小楯板などには白色の斑紋があります。昆虫やクモ類だけではなく、ヘビ等の死骸もエサにするクロスズメバチ。巣は地中に作られる事が多いものの、時より民家の屋根裏などにも作る事があります。

各種カード払いOK!0円見積り実施中!受付時間:8:00~24:00 365日年中無休