蜂に刺されたら?蜂の種類により生活や行動も様々です

蜂に刺されたら?

さまざまなハチの生活

ハチは完全変態

完全変態とは、卵で生まれる→幼虫→蛹(さなぎ)→成虫へと変化する事を指します。ハチは、このような成長過程より完全変態の昆虫と言え、他にもカブトムシやハエ、チヨウなどがいます。ただし、この成長過程にかかる期間はハチの中でも様々で、二ホンミツバチの女王バチの場合、約15日間。働きバチで約19日間。クリタマバチの場合、約1年かかると言われています。

ハチの寿命

ハチの寿命は以下のようになります。

●二ホンミツバチ
女王バチ:1~4年
働きバチ:30~60日
●ミツバチ(越冬する場合)
4~5か月(越冬期間込み)
●セイヨウミツバチ
女王バチ:8年

(飼育されている場合)

●フタモンアシナガバチ
女王バチ:1年
●クリタマバチ
7日(成虫になるまでに時間がかかる為)

となり、ハチの寿命は、種によって異なると言えるのです。

社会性と単独性

社会性昆虫と呼ばれる社会性をもつハチがいます。このハチの場合、1つの巣で幼虫を育て子供と共に生活し、人間でいう家族を作ります。一方、社会性を持たないハチもいて、子育てをしない、又は、ある程度までしか子育てをせず、それぞれ別で生活します。
ハチの社会というのは、女王バチを中心に女王バチが産んだ多くの働きバチから形成されています。また、働きバチはすべてメスとなっています。そして、繁殖の時期になるとオスバチが生まれ、交尾を行い新しい巣が形成されます。そして、新しい巣で働きバチが生まれる仕組みとなっているのです。
社会性のあるハチに仲間には、スズメバチ・アシナガバチなどの肉食性とミツバチ・マルハナバチなどの植物食性がいます。

ハチアレルギーのメカニズム

ハチは完全変態

ハチに刺されると死んでしまう事もあるといわれるハチアレルギー。これは、ハチに刺されたすべての人に起こる現象ではなく、ハチに刺された一部の人に起こる現象となります。では、そんなハチアレルギーは、どのような仕組みになっているのかお話したいと思います。
スズメバチに刺された経験を持っている人はご存知だと思いますが、スズメバチに刺されると強い痛みを感じます。それは、激痛といっても過言ではないほどの痛みで、その後、患部が腫れてきます。実際、私がスズメバチに刺された際は、波打つような痛みが6~8時間も続きました。この痛みは刺された箇所によって異なるとも言われ、頭部や指先は痛みが強く出やすいと言われています。
このような痛みの症状だけで終わる人もいれば、「ハチアレルギー」(アナフィラキシーショック)を引き起こしてしまう人もいます。このハチアレルギーは、ハチの毒が体内に入る事で、異物として体が抵抗しようとする事で起こる仕組みとなります。ウイルスや細菌が体内に入った時と同じです。このような異物に抵抗するメカニズムを「免疫」と呼び、これは人間の体にとって、とても大切なものとなります。そして、一度体内に入り異物と判断されたものは記憶され、この記憶を「抗体ができる」と言います。この抗体が一度完成すると次に同じ異物が体内に侵入した際、排除しなければならないと体が判断し、必要以上に攻撃しようとするのです。これが、「ハチアレルギー」(アナフィラキシーショック)なのです。とは言っても、多くの場合、ハチアレルギーを起こす事はなく、痛みや腫れの症状で治まります。
では、ハチアレルギーを引き起こした場合、どのような症状が現れるのでしょうか。一般的に痛みや腫れ以外の症状として、くしゃみや鼻水、じんましんといった症状が現れます。その他にも、より強い症状が出てしまうと呼吸困難や血圧の低下、心臓機能の低下などが現れ、ここまで来ると命に関わる為、すぐに病院に行き適切な治療が必要になります。「スズメバチに二度刺されたら死ぬことがある」と聞いたことはありませんか。そう言われる理由は、このような症状が起きることがある為という事となります。

各種カード払いOK!0円見積り実施中!受付時間:8:00~24:00 365日年中無休