横浜市
蜂駆除施工事例

【横浜市青葉区】スズメバチ駆除

【横浜市青葉区】スズメバチ
蜂の種類 スズメバチ
施工内容 スズメバチの巣駆除
施工箇所 玄関前の軒先
対応エリア 横浜市青葉区

横浜市青葉区の70代女性のお客様が午前9時頃に当社に連絡し、ハチが飛んでいて安心できずすぐに駆除してほしいとのことです。ハチの種類や蜂の巣の場所は分からないとのことで、駆除作業も未経験なため業者に任せたほうが良いと考えて相談してきました。私がすぐにお客様の自宅に伺うと20分程度になると伝え、それまでの間は中に入って安全な状態で待機してもらいました。お客様は一人暮らしのためハチが飛び回ると刺されて危険なため、すぐに駆除しないといけない感じ作業に必要な道具を揃えました。蜂の巣の場所は脚立では届かないため持っていき、駆除スプレーとビニール袋、厚手の軍手を準備しお客様の自宅に伺います。
20分ほどで横浜市青葉区のお客様の自宅に到着。建設されて50年以上の2階建ての一戸建て住宅で、ハチが飛び回っている場所に案内してもらうとスズメバチだと分かりました。お客様には調査をするときは危険なため安全な場所で待機してもらい、玄関前の軒先に約12cmのスズメバチの巣がありました。蜂の巣の場所は脚立を使わないと手が届かない場所にあり、お客様に詳しく説明してお見積りをしました。お見積りは作業の流れや所要時間、費用を明確に伝え、内容に納得してもらえたためすぐに作業に取りかかりました。
お客様が安全な場所で待機しているか確かめ、駆除作業を始めます。作業の流れは蜂の巣のサイズが小さく駆除スプレーを強く噴射し、最初に周辺を飛び回るハチを残さずに仕留めます。その後は安全を確認し巣穴の中に駆除スプレーを噴射し、ハチが出てこないよう入念に行います。蜂の巣の周辺は遮るものがないため、取り囲むように駆除スプレーを噴射しないといけません。ハチは残すと人を襲い被害が出やすくなり、慎重に作業を行い最後に周辺を見渡して確認する必要があります。
駆除作業が完了すると次に蜂の巣の撤去を行いますが、サイズが小さく片手でつかんで剥がせます。小さい巣をビニール袋の中に入れるときは投げると破損してハチが出てくることもあり、そっと置くようにしないといけません。蜂の巣を剥がした場所は駆除スプレーを吹きかけ、新しく作らせないようにします。最後に駆除して地面に落ちたハチを残さずにビニール袋の中に入れ、生き返らないよう駆除スプレーをを噴射し口を堅く縛っておきます。その後ハチが飛んでいないか確認し、駆除から撤去の一連の作業が完了するまで45分かかりました。お客様に完了報告をするとホッとした様子で満足し、料金はその場で現金で支払い感謝の言葉をかけてもらえて良かったです。

0120-658-1190120-658-119
蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む蜂の巣駆除サービス無料診断を申し込む

お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由お近くの蜂の巣駆除センターが選ばれる理由
蜂の巣駆除対応エリア ご依頼の流れ
蜂駆除屋のお悩み豆知識お役立ちコラム一覧を見る
モンスズメバチとは?夜にも活動的な生態や巣の特徴と危険性・対処法を解説
セイヨウミツバチに危険性はないって本当?生態や巣の特徴にくわえ駆除方法を解説
クロスズメバチは巣から駆除すべき!見つけ方や刺された際の対処法
ジガバチの巣を放置するリスクは?法的責任や正しい退治方法を解説
蜂の寿命とは?スズメバチなど種類別の蜂の一生や早急に駆除すべき理由
エアコン室外機の蜂の巣を駆除するポイントや手順とは?駆除後の対策も解説
蜂が怖い!寄ってくる6つの原因や蜂に好かれる家とは?正しい対処法も解説
戻りバチの寿命や対策とは?蜂の巣駆除の注意点や流れも解説
ミツバチの特徴や巣の正しい駆除方法を分かりやすく解説
クマバチとは?その生態や巣の駆除方法・注意点を解説
ドロバチの生態や危険性・巣の駆除方法・注意点を紹介
「カメバチ」「アカバチ」とは?蜂の名前の地方ごとの方言
アシナガバチは危険性大!その生態や巣の駆除方法・注意点を解説
キイロスズメバチとは?巣の見分け方や駆除方法を詳しく紹介
蜂よけに木酢液が効果あり!活用方法や使用時の注意点とは?
危険なツマアカスズメバチとは?その生態や駆除方法を徹底解説
オオスズメバチとどう付き合えばいいのか
もしもハチに刺されてしまったら
超危険なスズメバチを安全に駆除する方法3つのポイント
狩り蜂、ハナ蜂、寄生蜂って?
カギのトラブルすぐに解決カギの緊急隊 ガラスのトラブルすぐに解決ガラスの緊急隊 お近くのトイレつまり修理センター お近くのバッテリー上がり緊急隊
蜂の巣駆除対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー